忍者ブログ

研究の掃溜ノオト

since 2011/2/13 知能ロボ研究の合間に思ったこととか書いてます。

[PR]

×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

力学系について:メモ

久しぶりに力学系・カオスの本を読んだので用語について整理。
メモ程度のものですが、何かつっこみがあれば必ずコメントしてください(*´ω`*)


力学系・・・状態変数の時間発展を議論する
システムはdx/dt=F(x,t) の形で記述されることが多い

相図・・・n階微分方程式を1階微分方程式に帰着させた時の状態変数空間
→単振動のような2階微分方程式なら相図は位置と速度で構成される

散逸系・・・系全体のエネルギーが時間と共に減少していくような系
散逸系ではアトラクターが存在する

アトラクタ・・・十分時間がたった後、状態が漸近する集合。これは状態空間より次元が低い。摩擦のあるような単振動では原点、ファンデルポール方程式では一つの閉軌道がアトラクタとなる。

ストレンジ・アトラクタ・・・フラクタル次元を持つアトラクタ。カオス的な振る舞いをする

PR

この記事へのコメント

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
管理人のみ閲覧できます
 

この記事へのトラックバック

トラックバックURL

プロフィール

HN: 相馬 豊
所属:KU
連絡先(Twitter): @i-horse
インタビューはこちら

カレンダー

04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

Twitter

アンケート

マクロミルへ登録

Google Adsence

アクセス解析

リンク

Copyright ©  -- 研究の掃溜ノオト --  All Rights Reserved

Design by CriCri / Photo by momo111 / powered by NINJA TOOLS / 忍者ブログ / [PR]